KKT医療ナビ! Dr.テレビたん | 社会福祉法人 恩賜財団 済生会熊本病院

特徴1

救急医療~24時間の迅速体制で「断らない救急」実現のために救急総合診療部創設~

いつでも受け入れ可能な救急病床と人員を確保

2010年5月に、熊本県内で3ヵ所目となる救命救急センターの指定を受けました。救命救急センター42床をはじめ、計70床の緊急・重症患者専用の病床で救急患者の受け入れを行っています。
救急医療をさらに充実すべく、2010年4月に救急総合診療センターを発足しました。各診療科による横断的な救急医療体制の整備、救急医、総合診療医の育成に努めています。また、救急看護認定看護師も活躍しており、患者さんの重症度を見極め、患者さんに応じたケアを行っています。
いつでも救急の患者さんを受け入れることができる救急病床と人員を確保することで、質の高い救急医療の提供を目指しています。

モービルCCUやヘリポート
夜間でも画像診断が可能な救急設備が充実

患者さんを搬送しながら車内で救命救急措置が行える心臓疾患専用の救急車(モービルCCU)やへりポートをもち、近年では熊本市にとどまらず県内全域、鹿児島、宮崎に及ぶ広域の救急に対応。

夜間でもほぼ日中と同レベルの画像診断や検査などを行うことができ、治療に欠かせないより良い診断が可能です。診断の結果、緊急の手術や治療を要する場合でも、迅速に実施できる体制が整っています。

地域全体で支える救急医療

良質な救急医療を提供するためには、院内体制の強化だけでなく、救急隊や地域の医療機関との協力関係も不可欠です。このため、救急隊とともに搬送症例について検討する勉強会(メディコン会)を月1回開催し、病院に到着するまでに救急隊が行う治療技術の向上に努めています。

また、当院は、熊本市内における他の主要な医療機関の救急担当医とも迅速に連絡が取れる体制にあり、救急の患者さんを常に受け入れることができる「断らない救急」を、地域全体で構築しています。